> JAC最新情報
5月の祭日は下記の通りです。
5月1日(月)MayDay(メーデー)
5月11日(木)
VesakDay
(仏教大祭)
5月25日(木)
Ascension Day of Jesus Christ
(キリスト昇天祭)

よろしくお願いします。
> 検索
> インターン日記 Part2(埼玉大学4年・原さつき)
タイトル「ホームステイのススメ」
こんにちは、インターンシップ生の原です。

インドネシア滞在13日目、ジャカルタ名物(?)の
交通渋滞のためか、咳が止まりません、、、
バイクタクシーや公共バスを利用される方、マスクは必需品ですよ!笑
今回はホームステイの良さを4点、ご紹介させていただきます。

1点目、ご飯!

やはりインドネシアに来たからには
ご当地料理を思いきり楽しみたいですよね。
ホームステイ先では朝と晩、ネイティブの方の
手作り料理が食べられます。
よく食卓に上がるのはパダンという
スマトラ島地方の料理ですが、食材・味付けともに奥が深いです。

日本の煮物と一緒で、同じ牛肉のスパイス煮込み
(ルンダン・サピ)でも、辛い味付け、ココナッツ入り、
豆入りなどバリエーションは豊富です。
日曜の朝にはイブ(お母さん)と一緒に食料の買出し。
現地の生活を肌で感じられます。

2点目、通勤!

私のホームステイ先は会社から約2時間と、
ややジャカルタ郊外に位置します。
使っている交通機関は[朝:徒歩→公共バス→バスウェイ(高速バス)]、
[夜:バジャイ(屋根付きのバイクタクシー)→電車→
アンコット(ワゴンサイズのあいのりバス)→徒歩]といった感じです。
タクシーも初乗り6,000ルピア(だいたい60円弱)と安く、
交通渋滞がひどくなければこちらも便利です。

バスや電車はジャカルタ市民の生活感に溢れ、とても楽しいです。
特にバスや電車での席確保にはみんな必死。
でも高齢者の方や妊婦さんにはすぐにゆずってあげるのが、
インドネシア人の素敵なところです。

3点目、ムスリム文化の理解!

インドネシアは穏やかなイスラム教徒の多い国で、
ホームステイ先の家族もたいへん熱心です。
宗教という問題、日本人には難しく感じられます。
ですがやはり知らなければいけないな、と実感しています。

毎朝4時にはお祈りの声が外から聞こえ、
夜も太鼓や声がしています。
それだけでこの国の人々の信心深さや
アイデンティティといったものがなんとなく伝わってきます。

また、つい忘れてしまいがちな「左手は不浄」という概念も、
家族の様子をみることで自然と身についてきました。
(バスで料金を渡すときなど、つい左手を使いがちでした)
まだまだわからないことだらけですが、
イスラム教をいかに重要に考えているか知ることで、
尊重する気持ちを持てたと思います。


4点目、家族の温かさ!

これこそホームステイの一番の醍醐味ではないでしょうか。
海外で留学、一人旅した方はわかると思いますが、
ひとり知らない国で過ごす夜はときおりひどく心細くなります。
ですが、つたないインドネシア語でもコミュニケーションをとったり、
夕飯を一緒に食べる相手がいたりするだけで、
それは大切な思い出に変わっていきます。

特にインドネシアは家族を大切にする人が多く、
朝ごはんや夕飯はなるべく揃って食べるようにしています。
またリビングでテレビを見ながら、
インドネシア語の本を片手に感想を伝えようとすれば、
かなりの上達になります。
他にも結婚式や小学校など、
普通の旅行では入れない場所へも行く事ができました。

ホームステイでよかったこと、まだまだたくさんあります。
機会がありましたら、ぜひホームステイも体験してみてください。

埼玉大学 原さつき
by jac-id | 2012-09-21 17:30 | インターン日記
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id