> JAC最新情報
5月の祭日は下記の通りです。
5月1日(月)MayDay(メーデー)
5月11日(木)
VesakDay
(仏教大祭)
5月25日(木)
Ascension Day of Jesus Christ
(キリスト昇天祭)

よろしくお願いします。
> 検索
> スクリーン越しの'KANSAI'
「ラ・ターザン」、アラビア語訳で「悲しまないで」
近日公開になったインドネシア映画のタイトルです。
c0128312_11345664.jpg

アルバイトをしながら日本で留学をする
インドネシァ人女性の愛あり、涙ありのストーリー

「学生」「異国で働く」「インドネシアと日本」「関西」
と主人公に共通項が多い。
「ジャカルタで見つけた日本」
というテーマにもぴったりの作品だったので、
僕は1日の食費に値する5万ルピア(約5ドル)を投資する決意をしました。

内容に関しては、ネタバレになるのと、
インドネシア語を7月から学び始めた僕が、
雰囲気と日本語のみで感じとったものにすぎないので触れ(られ)ません。

*それでも映画を見て感じた2つの違和感

1.日本の描写について違和感なく見れたこと
大阪の道頓堀、海遊館、京都の鴨川、和歌山のみかん畑等々
そのどれもが日本人が撮ったらこうなるだろうなと思う描写でした。
「これはないやろ~」的なツッコミ所をどこか期待しながら
見ていた僕にとって少なからず衝撃でした。

2.これほど見事に日本を描写しているのに日本側が静か
かく言う僕も、知ったキッカケは「じゃかるた新聞」という
インドネシアの日本人向けメディアですが、
ネットで検索をかけても、公開から5日たった今、ほとんどヒットしません。

撮影の80%が日本でされているこの映画

せっかく関西を発信してくれているんだから
乗っかって関西でゆかりの地ツアーを企画なりしたら
けっこう食いつくのではというのは甘い考えでしょうか?

日本にくることを夢見て
異国の地でアルバイトをしてまで来日を選んだ
一人のインドネシア人女性の「視点」

興味のある方は一度ぜひジャカルタの
映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

お読みいただきありがとうございました。

見浪
by jac-id | 2013-08-06 12:44 | インターン日記
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id