> JAC最新情報
8月の祭日の案内
17日 Indonesia Indepence day72th
独立記念日
> 検索
> 日々の食事


c0128312_19134539.jpg



ジャカルタでは和食、中華、イタリアン、韓国料理、中東料理など
世界中の料理が楽しめ、飽きることはありません。

値段はピンきりですが、毎日高級なレストランで食事をすれば
日本と同じぐらいの食費はかかります。
駐在員であればそれでも問題ないのですが、
現地採用にはちょっと厳しいのが現実

自炊をしたい人には日本スーパーも充実しているので、
たいていの日本食材は手軽に手に入ります。
現地採用は外食と自炊、うまくバランスをとっていくことが大切。

日本人現地採用の食生活をブログ作成者を例にご紹介する。

朝食 : 100円~200円
週末に日本食スーパーマーケットのパン屋で買いだめしたパンを
冷凍しておき、チンしてジュースやコーヒーと共に。
インドネシアはコーヒーがおいしいです。

昼食 : 300円~1000円
大きな幅がありますが、どこで食事をするかにより大きく異なります。
いわゆる一般的なレストランでナシゴレンを食べた場合は200-300円で済むし
ホテルにある和食レストランでランチをすれば
日本と同じぐらいかかる、というわけです。

*私の場合は週3:2ぐらいの割りあいで食費とのバランスをとっています。

夕食 : 200円~10000円
週2日は帰宅後自炊する。ご飯は週末にまとめて炊いておきラップに包んで冷凍。
簡単な野菜炒めやスープでいただく。
時にはインスタントラーメンやレトルト食品も。

夜は日本人との食事が多いので、2000円から5000円ぐらいの食事を楽しむことも。
和食もおいしいが、中華街や韓国人街(韓国料理店が多く並ぶところ)、
シーフードやイタリアンも充実。

イスラム教徒の多いインドネシアだが、外国人が行くレストランでは普通にお酒は飲めるし
最近はワインや日本酒も充実している。豚を使った料理も食べられるのでご心配なく。



c0128312_1921723.jpg



インドネシアでいいのは、飲んでも車と運転手があるので
安心して帰れること! でしょうか。
by jac-id | 2010-07-29 20:50 | ジャカルタ生活情報
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id