> JAC最新情報
JAC採用情報

JACインドネシアでは
日本人営業担当を
募集しています。


【採用人数】
1名

【求人対象】
男女 
大卒
28歳~40歳ぐらいまで
英語もしくは
インドネシア語での
業務が可能な方

【待遇】
基本給*経験に応じて
(住宅・交通費込み)
医療費・保険制度あり
THR・ボーナスあり
フレックス勤務(規定あり)


お問い合わせは長野まで。

ayako@jac-recruitment.co.id
+62(0)81380534133




> 画像一覧
> アクセス解析
> 教育事情・家族での生活
インドネシアの教育事情・家族での生活について

日本からの出向・駐在で来ているお子さんは
数年後に日本へ帰国することが前提ですので
日本人学校に通うのが一般的です。

現地採用の方の場合、
もしくはお子さんが日本とインドネシアのハーフである場合は
現地の私立学校、インターナショナルスクールなどに
通っているケースも多いようです。

1. 日本人学校・日本語補修学校

日本人学校はジャカルタの南に位置しており、
そのため家族で南ジャカルタエリアに住む方がほとんどです。

日本人学校は日本の公立学校から派遣された教師が
教育を行っていますが、日本と違い学費は有料です。

インドネシアには高等教育以上は日本人学校はありませんので
高校からはインターナショナルスクールに通うことが多いようです。

ジャカルタ日本人学校(幼稚部・小学部・中学部)
www.jjs.or.id

ジャカルタインターナショナルスクール
www.jisedu.org


ジャカルタ以外では、バンドン、スラバヤ、バリなどにもあります。


2. 外資系私立校・現地私立校

完全に英語での教育を受ける、インターナショナルスクール(英国)。
こちらは授業料がかなり高額です(月US$1500以上)。

インドネシアの場合、私立学校もいろいろなバリエーションがあります。

同じ英語教育でも、フィリピンスクール、インドスクール、シンガポールスクール、
ニュージーランドスクールなどは学費が多少安、ある程度の教育レベルを
保っているようです。

そのほか、現地私立校ナショナルプラス(私立)といわれ半分英語で授業をしたり、
将来留学に必要な資格を得られたりという学校もあります。



教育については教育レベルや費用もそうですが、
やはり住居からあまり遠くない、というのは大事なポイント。
車とかスクールバスの移動なので、遠いと子供にはストレス(大人もですが)です。



ジャカルタジャパンクラブ(JJC)

法人部会と個人部会があり、日本企業の情報やスポーツ活動、
日本図書やビデオの貸し出しなどあり。
ジャカルタ中心部の便利のよいビル内にあり。

www.jjc.or.id

さまざまな情報を提供しています。


■  [PR]
by jac-id | 2010-07-29 20:28 | ジャカルタ生活情報

【就職・転職】インドネシアの求人・生活情報発信中
by jac-id
> 検索
> 外部リンク
XML | ATOM

skin by excite