> JAC最新情報
5月の祭日は下記の通りです。
5月1日(月)MayDay(メーデー)
5月11日(木)
VesakDay
(仏教大祭)
5月25日(木)
Ascension Day of Jesus Christ
(キリスト昇天祭)

よろしくお願いします。
> 検索
> 現地採用者の福利厚生
※ここでいう福利厚生とは「給与以外に支給される援助・サービス」のことをいいます。

日本人現地採用者がインドネシアで就職するときに付加される主な待遇を一覧にしました。
給与があまり高くなくても、しっかりした福利厚生を提供してくれる会社もあれば、
高い給与を支払いその中で自分でやりくりすることが求められる会社もあります。
求職の際には、給与と福利厚生を併せて判断することが大切です。

また、海外での勤務は契約書がすべてです。
語学ができないからと契約書の内容を確認せずにサインをするのは禁物。
自分の身は自分で守る。
そのためにも友人や翻訳サービス等を使って雇用条件をしっかり把握しましょう。

◆交通手段

ジャカルタ近郊で働く場合、車および運転手を支給してもらえることが多いようです。
運転手との相性が悪い場合、契約によっては替えてもらうこともできます。
その場合は、会社の担当者にまず相談してみましょう。

ジャカルタ市内勤務の場合、タクシー通勤ができます。
実費負担をしてくれる会社もありますが、支給されないこともあります。

◆住宅

社宅を持っている場合は社宅が提供されますが、
社宅がない場合あるいは社宅があってもすでに別の方が入居されている場合は、
住居手当を支給してもらうことが多いようです。
ホテルやアパートで働く場合は、その一室を提供してもらえるケースが多いです。

ジャカルタでアパート等を賃貸する場合、多くは1年契約ですが、
交渉次第で6か月契約、3か月契約が可能なこともあります。
サービスアパートメント(掃除・洗濯サービス付)は1か月契約が可能です。
会社に住居手当を支給してもらう場合、1年契約を先払いしてもらえることもありますので、
手持ちの資金がない場合は、相談してみましょう。

ジャカルタの住居については、「<<ジャカルタに住む>>」の「インドネシア住宅事情」でも紹介していますので、ご参考ください。

◆保険

海外旅行保険、あるいは駐在保険を支給してもらえることもあります。
また、会社が現地の保険会社と提携をしている医療保険を支給されることもあります。
いずれにしても、保険の中身をよくチェックして、必要であれば別に加入しておきましょう。

また、給与Xか月分までの実費精算を認めている会社もありますが、
多くの場合、後払い精算です。

「【インドネシアで働く】福利厚生」でも、保険についての情報を掲載しています。
また、ジャカルタで病気になった場合の情報は「<<ジャカルタに住む>>」で紹介していますので、
ご参考ください。

◆有給休暇

インドネシアの労働法に則り、労働後1年以降から有給休暇を12日支給するということが多いようです。

◆食事補助

ホテル勤務の場合は、ホテル内で飲食する場合に限り3食補助していることが多いようです。
工場勤務の場合は、カンティン(社員食堂)でランチを支給してもらえる場合もあります。

◆日本帰国航空券

インドネシアの法律では、企業は外国人の契約が終了した際、
外国人をその国まで送り返す義務があるとされています。
そのため、1年に一回の日本帰国航空券を支給している企業もあります。
ただ、残念ながら、すべての企業で実施しているわけではありません。

◆休日出勤の場合の対策

休日出勤がある場合、その代休が取れることもあります。

◆年金

年金への保障を与える会社はほとんどありません。
ご自身でかけ続けたい方は任意で手配する必要があります。
by jac-id | 2008-10-10 12:11 | 現地採用の給料・待遇
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id