> JAC最新情報
5月の祭日は下記の通りです。
5月1日(月)MayDay(メーデー)
5月11日(木)
VesakDay
(仏教大祭)
5月25日(木)
Ascension Day of Jesus Christ
(キリスト昇天祭)

よろしくお願いします。
> 検索
カテゴリ:インターン日記( 76 )
インドネシアの夜行バス

あけましておめでとうございます。

インターンシップ生の山田朋佳です。

今年もよろしくお願い申し上げます。


年末のお休みに、古都ジョグジャカルタに行ってきました。

京都とも姉妹都市協定を結んでいる、仏教・ヒンドゥー寺院が有名な都市です。

有名大学が多く存在する、学生の町としても知られています。

これまでインドネシアのいくつかの都市を旅行してきた私ですが、

今回の旅行は交通機関が一味違いました。


前回は飛行機で約一時間のところ、今回は夜行バスで行くことにし、エアコンつき、約15時間のチケットを購入しました。

c0128312_17560155.jpg









ですが実際出発してみると、

バスが小さいので乗り換え

エアコンが壊れてバスを替え、

多数決で行き先がソロに変更され乗り換え、

最後のバスでは席もない状態で、

合計3度バスから降ろされて、結局到着まで20時間もかかってしまいました。


ですが、行った事のない中央ジャワの都市を見られたこと、

同じバスに乗っている乗客の方との会話など、

ハプニングにもうれしい誤算がありました。

いつもと違う旅行には夜行バスに乗ってみるのもいいかもしれません。


ちなみに、帰りはエアコン、夕食つきで15時間で無事にジャカルタに戻ることができました。

すべての夜行バスがハプニング満載ではないのでご安心ください。(笑)


インターンシップ生

山田朋佳


===========================
今、熱いアジア就職・アジア転職ならJACインドネシアへ!
アジア就職についてのお問い合わせも
japanese@jac-recruitment.co.idまで!

※メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。
その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。

長野 ayako@jac-recruitment.co.id
===========================
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 就職バイトブログ 就職情報・就職サイトへにほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ

by jac-id | 2015-01-07 18:05 | インターン日記
バンダアチェにいってきました!
こんにちは!インターンシップ生の小林芳江です。
先日、お休みをいただいて3泊4日のアチェ旅行へいってきました!

インドネシアの一番北西にあり、インドネシアで唯一イスラム法を採用しているアチェ。
今回は、2004年にスマトラ島沖地震の地震と津波の追悼式典を見てきました。
c0128312_17594463.jpg
↑バンダアチェの空港。モスクのような外観がかっこよかったです

c0128312_18414185.jpg
↑市役所庁舎(Balai Kota)
c0128312_18490259.jpg
↑津波避難塔(Escape Building)から見た景色
トタン屋根の家は津波の被害を受けた直後に一時的に建てられた家だそうです。
10年建ってもその家に住んでいる方が多くいるのがわかります。
c0128312_18493663.jpg
↑2600トンもあるオイルタンカー。
5キロ離れた岸から津波によって街に運ばれてきたそうです。
現在は津波のメモリアルとして残されています。
5キロ先から流されてきたということなど信じられないくらいの大きさの船でした。
c0128312_18504309.jpg
↑津波避難塔での日本文化交流イベント
式典に合わせて、インドネシアに住む日本人と日本が好きなインドネシア人が集まり
様々なイベントが行われました。

c0128312_18524913.jpg
↑ちびっ子たち。とってもかわいかったです。
c0128312_18520537.jpg
↑アチェのインドネシア人の皆さんと

10年前の津波ではアチェだけでも22万人の人が亡くなったそうです。
ここも津波がきていたんだよ、という話を運転手さんに聞きながら車で街中をめぐりました。
海水がきちゃったから田んぼを再開できるようになったのもここ数年なんだよ、と教えてもらいました。
地震のときどうだった?と聞くと、もう僕には家族は誰も居ないよと答えるご飯屋のおじさんが居ました。
先ほどの船、写真で見た時には想像できないような大きさの船でした。
10年前という数字が私の中では妙にリアルに感じました。
私が12歳だった頃、ここではこんなことが起きていたんだと衝撃を受けました。

アチェの人は優しく明るく朗らかな人がとても多かったです。
どこから来たかよくわからないインドネシア語が下手なこんな外国人(笑)の私にも優しくしてくれ、
当時の地震について質問しても、やさしく答えてくれました。
牛やヤギが普通に歩いている道路、静かな海、田んぼ、数え切れないくらいの星、実家が恋しくなりました。笑

友達もたくさん出来たので、また遊びにいきたいと思います!
クリスマス感は全くありませんでしたが、最高の旅行でした!

明日で2014年も終わりですね、年越しはジャカルタで過ごす予定です。

2014年も皆様ありがとうございました!
2015年もよろしくお願いいたします!

インターンシップ生
小林芳江

===========================
今、熱いアジア就職・アジア転職ならJACインドネシアへ!
アジア就職についてのお問い合わせも
japanese@jac-recruitment.co.idまで!

※メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。
その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。

長野 ayako@jac-recruitment.co.id
===========================

by jac-id | 2014-12-30 19:26 | インターン日記
イ人大学生の日本語劇団en塾公演 「時代検証アプリ192」
こんにちは!
インターンシップ生の小林芳江です。

先日、日本大使館とインドネシア人大学生による日本語劇団en塾の共同開催で行われた「時代検証アプリ192」を観てきました!
今回、初めて公演を見たのですが予想の何倍も超える感動や喜びで心がいっぱいになりました。
日本人の皆様にen塾を知ってほしいという気持ちをこめ、今回はen塾のご紹介をします。

en塾とは…
 en塾のenは、「縁」あって集まった異なる大学の学生たちが、手を取り合い「円」となって協力し合い、半熟から「円熟」を目指してがんばることを意味したネーミングです。
 2009年1月21日に旗揚げされた、世界でも珍しい外国人による日本語ミュージカル劇団、en塾。ここに集うのはジャカルタの現役の大学生たちです。
 en塾は毎年団員募集が行われ、書類選考とオーディションによって入団が決まります。応募条件は「日本語を学習する大学生」、もしくは「芝居・衣装・舞台美術など、演劇に興味のある大学生」。学業の傍ら、毎週土曜日に稽古や準備・製作を重ね、en塾は年に1回、本公演を行います。
 さて、en塾の目標は本公演ですが、最大の目的は、大学生たちの社会に出る前のトレーニングの場であることです。en塾では運営の全てを団員が行います。日常の仕事である、スポンサー探し、メディアへの広報、ホームページやリーフレットなどのデザイン・作成。公演に向けてのポスター・パンフレット・グッズのデザインや作成、練習から本公演までの団員全員のスケジューリング・出欠管理など、スキルアップしていきます。
 同時にこれらを通して、礼儀・自己表現法などを学んでいます。
(「時代検証アプリ192」パンフレットより)

今年は初の日本公演も果たし、首相官邸へ表敬訪問もされています
http://www.jakartashimbun.com/free/detail/17444.html

今回は、江戸時代が舞台のストーリーでした。
ストーリーも劇中の音楽も全てがオリジナルだそうです。
劇は全て日本語で、スクリーンにはインドネシア語字幕が用意されているためインドネシア人でも日本人でも楽しんで観る事が出来ます。

長い台詞(もちろん日本語!)、言葉遣いや仕草、衣装、全てがきちんと作りこまれています。
私は、インドネシア人が日本語で劇をしているということを忘れて夢中になって観ていました。

劇が終わったあとは、団員全員による「桜よ」の合唱がありました
元々は新作のために3月の始めに作られた歌ですが、練習開始日の3月11日に東に本題震災があり、後半の歌詞が加えられたそうです。
こちらのウェブサイトで聞くことが出来ます
===>http://jccindonesia.com/sakura-yo.htm

桜よ 咲き誇れ 日本の真ん中で咲き誇れ
日本よ 咲き誇れ 世界の真ん中で咲き誇れ
私よ 咲き誇れ この道の真ん中で咲き誇れ

この歌を聴きながらウルウルしてしまいました。
私は、日本のことをこのように想ってくれる人が居ることにとても感動しました。
短い時間でしたが、沢山のパワーをいただきました!

また、社会に出る前の大学生がこのような活動が出来る場があるということはとてもすばらしいと思います。
きっと社会に出ても皆さん大活躍するのでしょう!

来年の春には、また日本公演の予定があるようです!
観ればきっと感動すると想います。おすすめです!!!
ぜひ見に行ってみてください!
http://jccindonesia.com/enjuku-japan-waganyan-poster.htm
===================================
今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id

JACインドネシア、facebookページも是非ご覧ください!
https://www.facebook.com/JacindonesiaJN
===================================

by jac-id | 2014-12-18 14:15 | インターン日記
JACインターン大塚龍成 活動内容 Vol.2
みなさん、こんにちは!
インターン生の大塚です。
先日に引き続き、私のインターンシップ活動についてお伝えしたいと思います。

【企業とのタイアップイベント】
c0128312_1857212.jpg

c0128312_18562721.jpg

労働市場が流動的で、3年~5年ほどで転職してしまう方が多く、毎年最低賃金がジャカルタ首都圏中心に上昇しているのが、現在のインドネシアです。 一方で、日系企業の半数以上の駐在員が、日本で人事経験が無い方々のためインドネシア人材の獲得、教育に苦心されています。 インドネシア人材の定着率を向上させるためには、どんな手立てがあるのか。

人材定着率の向上への取り組みを考える機会を設けようと、大手(米系)人事コンサルティング会社ヘイグループ(HAY Group)と共同でインドネシア人定着率向上セミナー第1回を開催しました。
当日は約50人のマネジメントレベルの方が参加しました。

仕事内容としてはHAYGroupとのコンタクトやミーティング、参加者の招待、通訳者へのご依頼、アンケートの作成、報告書の作成、メディアへの対応などになります。

この経験を通して、クライアントのニーズを理解し、自社に足りないものはそれを補強して、シナジー効果が生まれる企業と協働する重要性や難しさを学ぶことができました。

【イベントブース運営】
c0128312_18491378.jpg

9月以降は、ジャカルタジャパンフェスティバル、バンドンフェスティバルなどの日本文化をテーマにしたイベントでJACのブースを他のインターン生、マーケティングスタッフと運営しました。

仕事内容としては社内向けの提案書、ブースに置く資料、アンケート、報告書の作成、ブース運営などになります。

この経験を通して、本当に多くのインドネシア人が日本企業で働くことに興味を持っていることに感銘を受けました。
今後は転職が多いインドネシアで日本企業で働きたい若者に対し、キャリア教育をどのように行っていくかが重要になってくると考えます。

以上、私の9月以降のインターンシップの内容を話しましたが、今後より多くの企業がインターンシップを活用し、若者にチャレンジングな環境を提供することで、多くの若者が世界に出て働くことの面白さを知ってもらえればと思います。


大塚龍成

今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事がない場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合はお手数ですが、下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id
by jac-id | 2014-12-16 18:45 | インターン日記
JACインターン 藤田大貴とインドネシア
はじめまして
JAC. Indonesiaでインターンをして3ヶ月になる関西学院大学国際学部4回生の藤田大貴です。
今回は私のインターンシップのこれまでを簡単に書きます。


私は経済産業省の「国際即戦力インターンシップ」事業を利用してJACでインターンをしています。
私は高校と大学でのアメリカ交換留学やバックパッカーで学生時代に20カ国以上回ってきました。なかでも3回生の時に教授と訪れたASEAN諸国で、新興国の勢いにほれ込んでしまいました。タイ、マレーシア、インドネシアの各国ジェトロオフィスや大使館で概況を説明してもらうなかで、特にインドネシアに勢いを感じ、大学での専攻をASEAN研究に変更したほどです。
c0128312_1950369.jpg

〈2013年に初めてインドネシアを訪問した際の写真 現地大学生と〉

そこから就活もASEAN、特にインドネシアに力を入れている企業を選び、最終的に日系繊維メーカーから内定を頂きました。最近では炭素繊維や水処理で有名な会社ですが、今も昔も繊維の会社で、インドネシアは積極的に投資を行っている重用拠点です。今年4月の段階でこのインターンシッププログラムを既に知っていたので、内定先の最終面接でも就活後はインドネシアに行くと言い張っていました。笑 


かくしてインターンシップ事業に参加し、インドネシアに派遣されました。
人材紹介のJACとメーカーの内定先とでは全く業務内容が異なります。
しかし将来のインドネシア駐在に向けて、インドネシア人との働き方を学び、インドネシアの日系企業の抱える課題などに直に触れる機会にしようと考えJACを選びました。
この3ヶ月間、たくさんの日系企業、インドネシア人候補者と接することで、新たな気づきや考えを持てるようになってきました。詳しくはまた別のポストで書きたいと思います。


またJACのインターンシップでは、業務以外にもさまざまな経験をするチャンスがあります。
たとえば私の場合、ジャカルタファッションウィーク(JFW)です。もともとアパレルへの興味が強く、イスラム文化にも関心のある私は取締役の許可を得て(業務時間内やのに太っ腹!)、JFWに一週間参加させてもらいました。今回はその様子を写真でアップしておきます。JFWに関しても書きたいことがあるのでまたの機会に!
c0128312_19514130.jpg


c0128312_19525497.jpg


c0128312_19552613.jpg


それでは今回はこの辺で失礼します。

藤田大貴

今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事がない場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合はお手数ですが、下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id
by jac-id | 2014-12-10 20:07 | インターン日記
【新インターン自己紹介】 関悠樹
JACインドネシアのカラワンオフィスでインターンをはじめた、東京大学の関悠樹と申します。
私は12月2日にこちらに到着し3日からインターンを始めたばかりですので、参加経緯や参加に当たって利用した経済産業省のプログラムについて紹介できればと思います。

私は旅行などで海外に行ったことはありましたが、先進国のみにとどまっていました。
また、自分で旅行する場合にはどうしても短期間になってしまうため、機会があれば途上国にある程度長期間滞在したいと思っていました。
学部最終学年で時間もとりやすいなか、ちょうど友人が、これから紹介する経済産業省の「国際即戦力インターンシップ」事業を利用してベトナムでインターンをすると聞き、興味を持ちました。

「国際即戦力インターンシップ」事業は、経済産業省が貿易投資促進事業の一環として行っているもので、
HIDAとJETROが委託を受けて実施しています。
派遣対象となるのは日本の若手社会人および学生で、期間は3~6ヶ月間です。インターン先はベトナムやインドネシアなど開発途上国の民間企業、政府系機関、業界団体となっています。
派遣にあたっては志望動機や語学レベルなどを記した申込書の提出と、面接を経る必要があります。

この事業を利用すると、ベトナム語やインドネシア語など一部の派遣国の現地語の研修、渡航費、現地滞在費の一部、保険や予防接種などさまざまな費用を負担していただけます。
語学研修は短期間とはいえ10日間で合計70時間あるので、大学の1学期分ほどはあります。
また何より、経済産業省、HIDAやJETROのネットワークや、過去のインターンシップ情報の蓄積があることが大変ありがたいです。いきなり途上国でインターンシップをしようと思ってもなかなか難しいですが、この制度は多くの手間を減らしてくれます。

私は3年目になったこの事業を通じ、JACインドネシアにきています。
インドネシアを選んだのは、人口が日本の2倍ほどで東南アジアでもっともポテンシャルがあると思ったこと、世界最大のイスラム教国として独特の文化を感じられるのではないかと思ったことの2つの理由からです。
まだ仕事をはじめたばかりですが、3ヶ月間多くのことを吸収できるようがんばろうと思っています。

今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事がない場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合はお手数ですが、下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id

by jac-id | 2014-12-09 13:46 | インターン日記
エキスポに行ってきました
はじめまして。
今年の9月よりJACビジネスセンターでインターンをしております、
立命館アジア太平洋大学4年生の山田朋佳と申します。

インドネシアに来てから3ヶ月弱が経ちましたが、
エネルギー溢れるこの国に、今でも驚くことが多々あります。

そんな活気溢れるジャカルタで12月3~6日、JI Expoにて
Manufacturing Indonesia 2014というインドネシア最大の機械関係のエキスポがありました。
c0216916_13171867.jpg

私は4日間の開催期間中、3日間会場に行ってきました。
3日間でもすべて回りきれないほど広い会場に、
各国の企業が展示を出し、
日系企業も33社がブースを出展していました。

最新の技術は見ているだけでも興味深いものばかりでした。
毎年このエキスポが開催される12月上旬にジャカルタにおられる場合は、
皆さんも是非行ってみてはどうでしょう。

c0216916_1318977.jpg


今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事がない場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合はお手数ですが、下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id

by jac-id | 2014-12-08 13:25 | インターン日記
【JAC インターン生の活動内容】上智大学 大塚龍成
こんにちは!
今年の2月から、大学を休学してJAC Recruitmentでインターンシップをしております。
上智大学経済学部4年の大塚龍成です。

近年、海外への挑戦の機会の一つとして注目されている『海外インターンシップ』ですが、
会社によってインターンシップ内容は様々です。

弊社でも現在日本人(六名)、中国人、スロバキア人、アルゼンチン人、チェコ人がそれぞれのチームで異なる内容のインターンシップをしております。
そこで皆様にこのブログを通して、実際にインターン生がどんなことをやっているのかをシェアできればと思います。

私は2月から8月まではカラワンオフィスで営業サポートを経験しました。
そして9月よりジャカルタオフィスで大学訪問や、他の企業とセミナーを共催したり、イベントでのブース運営などをメインに活動しております。

【大学訪問】

インドネシア国内のトップ大学に訪れ、大学生に対してキャリアに関するセミナーの開催、長期に渡って大学との協力関係を契約するお願いなどをしております。
そのために、大学へのコンタクト、教授とのミーティング、大学に向けた提案書、社内向けの提案書、セミナー資料、アンケート、報告書、契約書の作成、セミナー運営などの仕事が必要になります。

この経験を通して、会社から予算を出してもらうためには、まず事業のゴールを設定し、予算に対してどれくらいROI(Return Of Inverstment:投資利益率)が期待できるかを考え、達成するためにどのような戦略・アクションが必要なのかを考えるようになりました。
c0128312_19042589.jpg
次回は、私が担当した他企業とのタイアップイベントについてお話します!

===================================
今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id
===================================

by jac-id | 2014-12-04 19:32 | インターン日記
師走。
みなさん、こんばんわ。
インターンシップ生の小林です。

ついに、今日から12月ですねー!
雨季に入って雨が降るようになりましたが、相変わらずジャカルタは暑いです。

今年はインドネシアから年賀状を送ってみたいと思っています!
さて、日本に届くまでどのくらいかかるのでしょうか。
というよりも、無事日本に届くのでしょうか、、、?

日本国内から海外へクリスマスカードや年賀状を送る際には、こちらを参考にしてみてください!
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2014/1126_01.html

インターネットが普及して、手紙を書くことも少なくなったとは思いますが
感謝の気持ちを伝える良い機会ですよね(*^_^*)♪

季節・気温が変わらないのでなんだかのんびりした気持ちですが、
2014年を気持ちよく終えて2015年を迎えられるように
気を引き締めて過ごしていこうと思います!

===================================
今、熱いアジア就職・転職ならJACインドネシアへ!
お問い合わせは、japanese@jac-recruitment.co.idまで。

メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。

その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。
ayako@jac-recruitment.co.id
===================================

by jac-id | 2014-12-01 21:44 | インターン日記
Hari guru?
みなさん、こんにちわ。
インターンシップ生の小林です。

facebook利用者数、世界第三位!
Twitter利用率、世界第五位!
Tweet数、世界第一位!
のソーシャルメディア大国、インドネシア。
何かイベントがあると沢山の人がソーシャルメディアに写真などを投稿しています。

今日は朝から色々な人がSelamat Hari Guruと投稿しているのを見かけました。
JKT48の人気メンバーNabilahちゃんもつぶやいています。
c0128312_17152106.png
Selamat:おめでとう
Hari:日
Guru:先生
ということで、直訳すると「先生の日、おめでとうござます!」ってことですね。
GoogleのアイコンもTeacher's dayとなっています。かわいい!
c0128312_17151620.jpg
ということで、今日はHari Guruについて調べてみました。

Hari Guru(Teacher's Day)というのは、先生の日々の勤労に感謝する日だそうです。
日付も国によってバラバラで、シンガポールなど国によっては祝日に制定されているようです。
インドネシアは、今日11月25日。インドネシア教師会が発足した日だそうです。
日本では先生の日は無いようです。

国によって日付がバラバラということは、このGoogleアイコンはインドネシア国内だけなのでしょうか?
なんだか面白いですね(*^^*)

by jac-id | 2014-11-25 17:27 | インターン日記
   
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id