> JAC最新情報
9月の祭日の案内
1日 犠牲祭
Idul Adha Festival Day 1438H
21日 イスラム暦新年 Islamic New Year(1439H)
> 検索
<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
日曜日の朝は、ポチョポチョとジャムーで健康に
インターン生の横田です。
今週より、JACの同僚の方のお宅でホームステイをさせていただいています。

ジャカルタ中心部から車で約1時間ほどのところにお宅があるので、ジャカルタ中心部とはまた違った魅力がたくさんあります。
決してKampung(田舎)ではない大きな街ですが、ご近所付き合いが活発で、日本の田舎似た雰囲気の人の温かさを感じます。

日曜日の今朝は、ポチョポチョダンスに挑戦しました。
夏休みのラジオ体操のような雰囲気で朝7時頃、近所の方々が集まって近くの運動場で一緒にダンスをします。

ダンスに一生懸命になりすぎてすっかり写真をとるのを忘れてしまいました。。。
ポチョポチョダンスは陽気な音楽に合わせて身体を動かします。
(いろいろアレンジがあると思われ、私が今回踊ったのはエアロビクスみたいな感じでした)

ご興味があられる方は、youtube等で「poco poco dance」と検索してみてください。

ポチョポチョダンスの後は、ジャムーを体験しました。
ジャムーとは、インドネシアの漢方みたいなもので、健康にいい飲み物です。
自転車でジャムーを売りにこられるお母さんがいらして、しょうが味のジャムーをいただき飲みました。

こちらも飲み終えてからあ!写真!とあわてて撮ったので飲み干し済みですが、、、。

c0128312_10242336.jpg


ポチョポチョダンスに、ジャムーにととても健康的な日曜日の朝を過ごしました。
by jac-id | 2013-05-19 10:26 | インターン日記
日本では見ることのできないジャカルタの職業いろいろ
みなさん、こんばんは。
インターンの東です。

4月からインターンさせていただき、早1ヶ月が経ってしまいました。
毎日、学ぶことが多く、5月病になる暇もなく過ぎていく気がします。

5月に入り、日本では桜が葉桜になってきたころでしょうか。
ジャカルタは相変わらず平均27度くらいの毎日が続いてます。

今回私が皆さんにお届けしたいのは、
「日本では見ることのできないジャカルタの職業」です!!

私たちの住んでいるここジャカルタでは日本では見ることのできない
様々な職業の方々と出会う機会があります。
その中でも私がアジアっぽいなと個人的に感じたものをいくつか紹介したいと思います。

まずはOJEK(オジェック)
要はバイクタクシーです。

c0128312_22144180.jpg

これは私たちの住んでいるコスの近くのオジェック乗り場です。
ここを毎朝通るのですが、おじ様方が「オジェックオジェック!!」と
声をかけてきます。
オフィスまでは徒歩で約15分ほどなのですが、オジェックで行くと
時間を少し短縮できますし、何と言っても楽です。
10000ルピア(約100円)なので疲れがとれない翌朝に…とかならいいのかもしれません。


続いては先ほどのオジェックに関係した
PAYUNG OJEK(パユンオジェック)です。
Payungとはインドネシア語で「傘」を意味します。
そう、つまり「傘タクシー」のことです。
オフィスの入っているビルの出入り口にやってきて、
向かいのビルや、乗り物に乗るまで傘をさしていてくれます。

c0128312_22193437.jpg

彼らは雨が降るとどこからともなく現れます。
オジェックと同じく「パユンパユン」と声をかけられます。
気になる料金は1000ルピアから5000ルピア(約10円から50円)ほど。
距離に応じて高くなります。
私たちのオフィスがあるビルのパユンオジェックは小学生くらいの男の子が
多いので、私は勝手にパユンボーイなんて呼んでます。


と2つ紹介してきましたが、意外と長くなってしまったので、
あといくつか紹介しようと思っていたものは次回に持ちこそうと思います!

次回をこうご期待ください!!



読んでくださってありがとうございました!!
by jac-id | 2013-05-11 20:30 | インターン日記
インドネシアのホスピタリティ
こんにちは。ジャカルタでの生活歴、2カ月目を迎えました
インターンの山下です。

今回は私がインドネシアについて学び始めた頃から
いつかは…!と心待ちにしていたイベントに参加できた喜びを
お伝えできればと思います。

そのイベントとは…
インドネシアの結婚披露宴
です!

c0128312_1555979.jpg

(花嫁さん花婿さん、そしてご両親はステージで参列者を迎えます)

インドネシアの披露宴は、招待客が多く、
豪勢な料理が振舞われ
とにかく盛大にとりおこなわれます。
皆さんこの人生の一大イベントに向けて貯金にはげむそう。

と、ここまでは日本でもよく聞く話かもしれません。

しかしここインドネシアではなんと
披露宴に招待されていない人も
参列することができるのです!

つまり花嫁さん花婿さん、およびその親族の方
どなたの知り合いでなくても。
招待客の知り合いであれば、参列できます。

一枚の招待状に対して一人までなどとの制限もないので、
送った招待状の人数の倍相当の料理を用意するのだとか…

c0128312_15564443.jpg

(デザートのビュッフェ台。こうした台が広い場内にいくつもあります。食べ放題!)

私が参列した披露宴では、ステージ上に花嫁さん花婿さん
そしてご両親が並び、
それぞれ招待客は主役の方々と握手するために列をなしていました。

私は正式な招待客ではありませんでしたが(招待状を譲りうけました)
その上初対面で恐縮ではありましたが、列にまぎれて握手させて頂きました。

ちなみに料理は立食形式で、参列者はそれぞれ思い思いに
料理を楽しみ、そして歓談にと、式場が喜びと幸せに満ちていました。

インドネシアの人々のホスピタリティを肌身で感じた一日となり
お腹も心も大満足でした。

いつか私もステージの上でお客さんを迎えてみたいものです。


それでは今回もお読み頂きありがとうございました。
by jac-id | 2013-05-07 16:12 | インターン日記
   
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id