> JAC最新情報
8月の祭日の案内
17日 Indonesia Indepence day72th
独立記念日
> 検索
<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
インターン最終日

Selamat sore! (こんにちは!)
インターン生の藤岡です。

ついに、JACインドネシアでのインターンも
今日が最終日となりました。

本当にあっという間の2ヶ月間でしたが
インドネシアに戻って来てから
グローバルな職場で働く機会を頂き、
色んな方々との出会いがあり、
自分と向き合い、将来を考えるための
非常に重要な期間になりました。

豪雨にあっても、洪水になっても、
年中渋滞でも、停電になっても、
いつも暑くても、お腹を壊しても、
予定や約束が思い通りに進まなくても、

なんだかすぐ戻ってきたくなる
(実際戻ってきてしまう 笑)
不思議な魅力がこの国にはあります。

この先も何らかのかたちで ずっと
インドネシアと関わっていたいと思います。


全ての出会いに心から感謝します。
ありがとうございました! :)

c0128312_13191967.jpg
Kepada para rekan JAC
Atas perhatian dan kerjasamanya,
saya mengucapkan terima kasih.


藤岡智里

by jac-id | 2015-03-25 17:06 | インターン日記
【JACインドネシア セミナー情報】
【JACインドネシア セミナー情報】

自分に似合う色を探したい女性対象!
ビジネスシーンで“魅せる”ための女性向けカラーコーディネートセミナーを開催します!

CROSS COOP × JAC Recruitment 共同開催
~インドネシアで頑張るビジネスパーソンを応援します!~

日時: 2015年4月11日 (土) 10:00~12:00 (9:45より受付開始)
場所: CROSS COOP 大会議室
   UOB PLAZA 22nd Floor, Jl. M. H. Thamrin No.10, Jakarta
参加費: 無料
定員: 10名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お申し込みはこちらから!
https://www.miraiz.bz/Seminar/SeminarRead/seminar_id/376/

by jac-id | 2015-03-18 20:20 | JACインドネシア
ジャカルタ観光 第3弾!

Selamat siang!
こんにちは、インターン生の藤岡です。

今回もジャカルタの観光地(第3弾)をご紹介したいと思います!

(第1弾・2弾は前回と前々回のインターン日記をご覧ください)

c0128312_17570719.jpg

c0128312_18201986.jpg
「バハリ海洋博物館(Museum Bahari)」
(コタ駅から徒歩20分)

Pasar Ikan(パサール・イカン)の入り口にある1652年に建てられた建物で、かつてはオランダ東インド会社所有の倉庫としてマルク諸島から運ばれた胡椒、ナツメグ、丁子などの香料が貯蔵されていましたが、1977年からは漁業や海洋民族の暮らしに関するコレクションを展示するようになりました。
c0128312_17581472.jpg
c0128312_17555014.jpg
アウトリガー付きカヌーや面舵などの海洋用具が展示されています
c0128312_17553402.jpg
白い壁が続いていて素敵な外観です!

c0128312_18154285.jpg
「見張り塔 (Menara Syahbandar)」

海洋博物館から200メートル先には1839年に建設されたオランダ東インド会社の見張り塔が立っています。
c0128312_18170799.jpg
4階建ての最上階からはスンダ・クラパ湾に停泊している大型帆船、
ピニシ船を見ることが出来ます。
当時はここから外国の敵船を監視していたようです。

今でも遠くの景色まで見渡すことができます。

c0128312_17561719.jpg
「スンダ・クラパ港 (Pelabuhan Sunda Kelapa)」

パサール・イカンの運河を挟んで東側に渡ると、ピニシ船の港、スンダ・クラパ港があります。
欧米人に人気のスポットです。

スンダ・クラパ港は元々バッタヴィア港の外航の入り口として栄えていましたが、大きな貨物船の入港する港がタンジュン・ブリオクに移動し、その機能が失われて100年以上が経ちました。
現在は国内の沿岸輸送を行なっているピニシ船の港として使われています。
c0128312_17560608.jpg
ボートに乗って、海上からスンダ・クラパ港に停泊しているピニシ船を見ることもできます。
c0128312_17555606.jpg
が、ボートは小さい上に割りと揺れるので、
勇気のある方だけにおすすめします。

c0128312_18442214.jpg
「コタ・インタン橋(Jembatan kota Intan)」
(コタ駅から700メートル先)

木造の跳ね橋で、別名ジュンバタン・パサールアヤム(Jembatan Pasar Ayam)とも呼ばれています。
当時バタヴィアではカリ・ブサールの運河に大きな船が入ってくるとこの橋を上げて通したと言われています。
マルク諸島やオランダからの船はスンダ・クラパに入船しましたが、その他多くの船はカリ・ブサールを通り、
運河に面して建てられた商館の倉庫の横に着岸してヨーロッパから運ばれた毛織物や中国からの陶磁器なども運ばれていました。
c0128312_18443756.jpg
現在は固定されていて跳ね橋としての機能はありません。
跳ね橋はオランダ統治時代ジャカルタに3つ作られましたが、現在残っているのはこの橋のみになります。
コタ地区を訪れた際はぜひ足を運んでみて下さい!


今まで3回に渡ってジャカルタの名所をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ジャカルタ観光の際、少しでも参考にして頂けましたら幸いです。

追記
2/23のインターン日記でご紹介した中国寺院「金徳院」ですが、
残念ながら今月2日に火災のためほぼ焼失してしまったようです…
目処は今のところまだ立っていませんが、早い再建を祈っています。

藤岡智里

===========================
今、熱いアジア就職・アジア転職ならJACインドネシアへ!
アジア就職についてのお問い合わせも
japanese@jac-recruitment.co.idまで!

※メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。
その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。

長野 ayako@jac-recruitment.co.id
===========================



by jac-id | 2015-03-16 13:16 | インターン日記
ジャカルタ観光 第2弾!

Selamat siang! (こんにちは!)
インターン生の藤岡です。
前回に引き続き、ジャカルタの観光名所をご紹介します!
c0128312_13235618.jpg
まずは、「モナス (Monumen Nasional)」!!
(ガンビル駅から徒歩1分)

ジャカルタの名所といったら一番最初に浮かぶのがこれです。
大理石で作られた 高さ137メートルの国家独立記念塔。
頂上の炎は35kgの純金でできています!

下部は歴史博物館、上部は展望台になっていて、エレベーターで高さ110メートルの地点まで昇ることができます。
c0128312_18560034.jpg
その2 モナスが建っているムルデカ広場内の
「カルティニ像(Raden Adjeng Kartini)」

ムルデカ広場には1963年日本政府がインドネシアとの友好のしるしとして寄贈したカルティニ像があります。

カルティニ(1879~1904)は民主主義運動・婦人運動の先駆者で、この像は元々中央ジャカルタのディポヌゴロ通りに建っていましたが、現在はモナスの東側に設置されています。

週末のムルデカ広場ではよくイベントなどが開催されており、若者や家族連れで賑わっています。

c0128312_12433436.jpg
その3 「イスティクラル・モスク (Masjid Istiqlal)」
(Transjakartaバス Juanda駅から徒歩2分)

モナスのすぐ近くに、東南アジアで最大規模を誇るイスラム教礼拝堂があります。
1961年に建設が開始され、17年の年月をかけて1978年に完成しました。

c0128312_12522372.jpg
12万人も収容できるという大きさに圧巻!
礼拝の時間外であれば、信者でなくても内部の見学が可能です。

c0128312_12022107.jpg
その4 「カテドラル教会(Gereja Cathedral)」
(Transjakartaバス Juanda駅から徒歩8分)

モスクから道を挟んで向かい側には、なんとカトリック教会が!!
インドネシアの9割弱の人々はイスラム教を信仰していますが、その次に多い1割弱の人々はキリスト教を信仰しています。
カトリック宗派の割合はわずか0.3%ですが、人口約2.5億人のインドネシアでは、そのうちの約800万人はカトリック宗派ということになります。
そしてその人々の信仰の中心にあるのがこのカテドラル教会です。

カテドラルはネオゴシック式のローマカトリック教会で、火災による消失や、尖塔の崩壊を経て1901年に再建されました。
建設はオランダ人、建設材料の調達は中華系インドネシア人、建設はジャワ人が行なったとされています。

c0128312_12254908.jpg
大聖堂内部には1000もの礼拝席が設置されています。広い!!

c0128312_12255872.jpg
祭壇、マリア像、パイプオルガンも置かれてます。
厳かな雰囲気。

c0128312_12370630.jpg
敷地内の洞窟神殿にある聖母マリア像

この他に大聖堂の中には小さな歴史博物館もあり、大聖堂の歴史に関する写真、聖水盤、燭台、食器なども展示されています。
モスクの目の前に教会があるのはなんだか不思議な感じですが、これも様々な宗教が共存するインドネシアならではの光景です。

c0128312_13550095.jpg
その5 「イマニュエル教会 (Gereja Immanuel)」
(ガンビル駅から100m)

ガンビル駅の目の前には、ジャカルタ最大のプロテスタント教会があります。オランダ人建築家がデザインし、1834年~1839年に建てられました。
ドーム型の屋根を持ち、円筒型であることから、Gereja Bundar(丸い教会)とも呼ばれています。

c0128312_13553775.jpg
外装はギリシャ寺院やルネッサンス時代の劇場建築、
内装はローマ円形闘技場の建築様式など多様な様式を取り入れています。

c0128312_13550838.jpg
2階も静かで素敵な雰囲気でした!

今回は宗教関係の場所ばかりになってしまいましたが、次回はジャカルタの“海洋”に関わる名所をご紹介したいと思います!!

よろしくお願いします。


藤岡智里

===========================
今、熱いアジア就職・アジア転職ならJACインドネシアへ!
アジア就職についてのお問い合わせも
japanese@jac-recruitment.co.idまで!

※メール送信後営業日3日以内に返事が無い場合は
メールが届いていない可能性がございます。
その場合は、お手数ですが下記まで再送ください。

長野 ayako@jac-recruitment.co.id
===========================



by jac-id | 2015-03-05 19:24 | インターン日記
   
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id