> JAC最新情報
6月の祭日は下記の通りです。
6月1日(月)Pancasila Day(パンチャシラットの日)
6月23日(木)~28日
Pubilic Leave
(政令指定日)

よろしくお願いします。
> 検索
タグ:ジャカルタ ( 61 ) タグの人気記事
教育事情・家族での生活(2017年5月4日更新)
インドネシアの教育事情・家族での生活について

日本からの出向・駐在で来ているお子さんは
数年後に日本へ帰国することが前提ですので
日本人学校に通うのが一般的です。

現地採用の方の場合、
もしくはお子さんが日本とインドネシアのハーフである場合は
現地の私立学校、インターナショナルスクールなどに
通っているケースも多いようです。

1. 日本人学校・日本語補修学校

日本人学校はジャカルタの南に位置しており、
そのため家族で南ジャカルタエリアに住む方がほとんどです。

日本人学校は日本の公立学校から派遣された教師が教育を行っていますが、日本と違い学費は有料です。

インドネシアには高等教育以上は日本人学校はありませんので
高校からはインターナショナルスクールに通うことが多いようです。

ジャカルタ日本人学校(幼稚部・小学部・中学部)
http://www.jjs.or.id/toppage/top.html
授業料/月 約3万円
スクールバス/年 36万円
入学金、施設使用料、PTA年間費が別途必要です
詳細についてはHPか直接お尋ねください

ジャカルタインターナショナルスクール
http://www.raffles-international.org/


ジャカルタ以外では、バンドン、スラバヤ、バリなどにもあり。


2. 外資系私立校・現地私立校

完全に英語での教育を受ける、インターナショナルスクール(英国)
こちらは授業料がかなり高額です(月US$1500以上)。

インドネシアの場合、私立学校もいろいろなバリエーションがあります。

同じ英語教育でも、フィリピンスクール、インドスクール、シンガポールスクール、ニュージーランドスクールなどは学費が多少安いですが、ある程度の教育レベルを保っているようです。

そのほか、現地私立校ナショナルプラス(私立)といわれ半分英語で授業をしたり、将来留学に必要な資格を得られたりという学校もあります。



教育については教育レベルや費用もそうですが、やはり住居からあまり遠くない、というのは大事なポイント。
車とかスクールバスの移動なので、遠いと子供にはストレス(大人もですが)です。



ジャカルタジャパンクラブ(JJC)

法人部会と個人部会があり、日本企業の情報やスポーツ活動、
日本図書やビデオの貸し出しなどあり。
ジャカルタ中心部の便利のよいビル内にあり。

www.jjc.or.id

さまざまな情報を提供しています。

by jac-id | 2010-07-29 20:28 | ジャカルタ生活情報
   
【インドネシアで就職・転職をしたい方向けのブログです】インドネシアで働くには?生活は?待遇は?そんな疑問に人材紹介会社・JACインドネシアの日本人コンサルタントがお答えします!
by jac-id